真空引き作業はエアコン取り付け時に必要です

真空引き作業はエアコン取り付け時に必要です。

真空引き作業はエアコン取り付け時に必要です

兵庫県加古川市でエアコン工事です。

エアコン取り付けの時に接続した冷媒配管の中には空気が入っています。
配管の中の冷媒が冷たくなった時に、空気中の水分が冷えて氷になったり不純物が発生します。

そうなると配管が塞がり内部を傷つけたりします。
すると冷えが悪くなったり暖かくならなかったりと、冷暖房の効率が悪くなり
また漏電やコンプレッサーの故障に繋がりますし、破裂の恐れもあります。
そういう事からエアコン取り付け時には冷媒配管の水分を取り除くために真空引きをする必要があります。

真空引きは文字通り真空ポンプを使って冷媒配管の内部を真空にし、冷媒配管内に残っている水分を蒸発乾燥させて除去させる作業です。  設置後の真空引きの時間は家庭用のエアコンで10分間程ですが、冷媒配管の水分量によって異なります。 写真は真空引き作業を行っている時の写真です。左下の真空引きポンプでを真空引きを行う際の道具となっています。

業者の中にはこの作業を行わないところもあるようですが、我が社では真空引き作業は標準工事に含まれている為、必ず行うようにしておりますのでご安心ください。真空引き作業が終われば試運転して冷たい風または暖かい風が出れば工事完了です。